家やマンションを買うとかかる税金、住宅購入で減らせる税金

Pocket

家やマンションを買うとかかる税金 住宅購入で減らせる税金

一戸建てでもマンションでも不動産を購入・所有すると税金がかかります。

自宅購入の場合の税金は、「買う時に一度だけ支払う税金」と「所有している間、継続的に支払う税金」の2種類があります。

また、住宅購入によって減らせる税金もあります。

今回は家やマンションを買う前に知っておきたい税金についてのお話です。

買う時に一度だけ支払う税金

印紙税 契約の時に貼る印紙代。契約書の記載金額に応じて1〜2万円程度。2018年3月31日まで契約は契約される。
登録免許税 所有権などの登記にかかる税。住宅価格や登記の種類に応じて数万円〜20万円程度。登記簿上で50㎡以上なら軽減される。
不動産取得税 取得後にかかる税。床面積が50㎡以上なら軽減される。軽減によりゼロになることも多い。

所有している間、継続的に支払う税金

以下の2つの税金は住宅購入後、毎年かかります。

固定資産税 年間数万円〜20万円程度。床面積50㎡以上で建物部分が新築から5年間半額に。
都市計画税 年間数万円〜10万円程度。自治体により税率が異なる。軽減措置はなし。

消費税

消費税は土地は非課税ですが、新築住宅や新築マンションなどの売主が課税事業者の場合は、建物価格に課税されます。

また、2017年4月1日から消費税が10%になるとしたら、2016年9月30日までに契約すれば消費税は8%のままです。契約が2016年10月1日以降でも、2017年3月31日までに引き渡しが行なわれば消費税は8%です。

住宅購入で減らせる税金

住宅ローン控除 年末ローン残高の1%相当が10年間、所得税から差し引かれる。上限残高は4000万円(認定長期優良住宅または認定低炭素住宅の場合は5000万円)。控除額は10年間で最大400万円。所得税から控除しきれない額は住民税からも一定額まで控除可能。
贈与税の特例 20歳以上の人が親や祖父から住宅購入のために贈与を受けた場合、一定額まで贈与税が非課税になる特例。
Pocket