グラフで見る首都圏タワーマンションの棟数と戸数(2006年〜2020年以降)

Pocket

不動産経済研究所が2016年4月21日に「超高層マンション市場動向 2016」を発表しました。

全国で建設・計画されているワターマンション(20階建て以上)の棟数や戸数をまとめていますが、ここでは首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に絞って、マンション市場動向をチェックしたいと思います。

グラフで見る首都圏タワーマンションの棟数と戸数

年度 棟数 戸数
2006年 52 14834
2007年 74 23313
2008年 59 21075
2009年 52 19139
2010年 38 11710
2011年 24 8312
2012年 38 8874
2013年 39 11208
2014年 24 5620
2015年 37 14738
2016年
(以降は予定)
24 9473
2017年 29 11146
2018年 25 7876
2019年 20 8239
2020年以降 47 28278

首都圏タワーマンション 棟数推移

首都圏タワーマンション 戸数推移

このグラフを見ると、ミニバブルと言われていた2007年前後の棟数・戸数が多く、リーマンショックで激減。

その後、オリンピック開催が決まり、不動産バブルと呼ばれるくらい住宅価格は上がりましたが、すでにピークは2015年で終わったと言えるでしょう。

Pocket