変動型・全期間固定型・固定期間選択型の金利タイプの違い

Pocket

マンションや一戸建てを購入する場合、住宅ローンを組みます。

住宅ローンには金利が付きますが、金利には「変動型」「全期間固定型」「固定期間選択型」の3種類があります。

それぞれの特徴を説明します!

変動型

変動型は一般的に「金利は半年ごと」「返済額は5年ごと」に見直されます。

将来返済額が上がるリスクはありますが、当面は歴史的に見ても低金利の恩恵が受けられます。

現在、民間の金融機関の主力商品はこの「変動型」住宅ローンです。

返済額が増える場合は、直前の返済額の1.25倍までを上限としている銀行が多いです。

実際に適用される金利は各銀行が定めた店頭金利(基準金利)から一定幅引き下げられた金利になります。

各銀行ごとに店頭金利の設定額もそこからの引き下げ幅も異なりますので、引き下げ後の金利で比較するようにしましょう。

変動型は以下のような人にオススメです。

・将来的に収入アップが見込まれる
・返済期間が短め
・金利上昇に対応できる余裕がある
・景気の変化に敏感

全期間固定型

全期間固定型は住宅ローンの完済まで金利が変わらず、購入時に返済総額が決定するため、将来にわたって資金計画が立てやすいローンです。

金利が固定して安心な分、他のタイプの住宅ローンに比べて金利は少し高く設定されています。

全期間固定型は以下のような人にオススメです。

・将来的に収入アップが見込めない
・返済期間が長め
・将来、教育費が多くかかる可能性がある
・将来、働き手が減る(増えない)

固定期間選択型

固定期間選択型は3年、5年、10年と選択した期間中は金利と返済額が変わらない住宅ローンです。

固定期間が終わると、その時点の金利で選び直せます。

固定期間選択型は以下のような人にオススメです。

・将来的に収入アップが見込まれる
・返済期間が短め
・金利上昇に対応できる余裕がある
・一定期間中は返済額を変えたくない

Pocket