新しいオフィスの形、職場も住居のシェアする原宿「THE SHARE」

Pocket

先日、テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」で新しいオフィス&住居の形が紹介されていました。

紹介されていたのは東京・原宿にある「THE SHARE」という建物は築48年の企業の独身寮を改装したビル。

1階がショップ、2階がオフィス、3〜5階が住居、6階が共用フロアという構成なので、2階にオフィスを構えて、3〜5階の住居スペースに住めば、通勤時間は徒歩1分以内に。

3〜5階の住居スペースの家賃は6畳一間で10万3000円(共益費込み)とちょっと高めです。

2階のオフィススペースはシェアオフィスとなっており、20社以上が小さなオフィスを構えています。

シェアオフィスの固定席の料金は月間35000円(共益費込み)から。

現在は満室で空室待ちの状態です。

6階の共用フロアは広さは300㎡もあり、ラウンジやキッチン、シアタールームなどを完備。

住民とオフィス利用者が使えるため、共同して使う「シェアハウス x シェアオフィス」の新しい形に。

企画した不動産会社は次のように語っていました。

「人々の暮らし方と働き方がだんだん変わってきた。暮らしとビジネスを両立させるにはかなり絶好の場所だと。」

今後、この手の「住居&職場&シェア」という3つが融合したビルが増えそうですね。

参考:
テレビ東京:ワールドビジネスサテライト

THE SHARE

Pocket