家やマンションを買う・購入するメリットとは?

Pocket

家やマンションは賃貸がいいのか?購入がいいのか?という議論はいつの時代もいろいろな所でされます。

一昔前なら買った方がお得という意見が多かったですが、最近では賃貸派も増えているように感じます。

なぜなら、いつでも引っ越せるという自由は、この不確実性が高い現代では価格に変えられないメリットと感じている人が増えているからです。

持つということは、それを失うことと常に同居することです。持った瞬間に失うリスクを追うこととなります。

しかし、こんな時代だからこそ、今回は「家やマンションを買う・購入するメリット」について説明したいと思います。

自分の資産になる

これは昔から良く言われていることですが、家やマンションを買えば自分の資産になります。

賃貸なら毎月家賃を払っても、それは自分のものにはなりません。

また、自分のものなので、リフォームも立て替えも自由にできるというメリットもあります。

子供に資産として残すこともできますし、事情によっては売ったり貸したりして、収入を得る手段ともなります。

老後の負担が少なくなる

住宅ローンは返済期間が決まっているので、老後の計画なども立てやすいというメリットがあります。

一方、賃貸は一生家賃を払い続けながら、生活費の他に定年後の住居費や老後資金を貯蓄する必要があります。

ただし、家はメンテナンスや補修が必要となるので住宅ローンだけでなく、それ以外の費用も考慮する必要があります。

万が一の場合も安心

家を購入してローンを組むと、「団体信用生命保険」に加入できます。

そのため、万が一、一家の大黒柱が亡くなってしまった場合でも、ローン返済は免除され自宅は残るので、残された家族が路頭に迷うということがありません。

Pocket