家、マンションを買う時に最初にかかるお金、貯めておきたい貯蓄額はいくら?

Pocket

家やマンションを買う時にかかるお金というと、「頭金」と「住宅ローン」だけを考えがちですが、実際にはそれ以外に「諸費用」や「新居の準備費用」や「生活費」が必要となります。

今回は家やマンションを買う時に最初にかかるお金について説明します!

いったい、貯蓄総額はどのくらい必要となるのでしょうか?

前提として3000万円のマンションを購入するケースを紹介します。

頭金

頭金は自己資金から払います。

頭金の額は住宅価格の20%以上が理想的です。

3000万円のマンションなら20%である600万円ほど頭金で支払えば、その後の住宅ローンの支払いもスムーズに行くと考えてよいでしょう。

諸費用

諸費用は自己資金から払います。

マンションを買うなら、「申込金」や「手付金」「印紙税」「ローン事務手数料」などの諸費用がかかります。

諸費用ははじめて住宅を購入する人には盲点となっているようです。

諸費用の総額は住宅価格の3〜5%ほどになります。

3000万円のマンションを買うとなると90〜150万円の諸費用がかかるということです。

頭金と合わせると、最初に690〜750万円ほどの自己資金が必要になるということです。

新居の準備費用

手元の貯蓄総額をすべて住宅購入の自己資金に充ててしまっては、その後の生活ができません。

家やマンションを買うということは、「引っ越し費用」や「カーテンや家具などの備品の費用」といった新居の準備費用が必要になります。

新居の準備費用は、その家庭によって必要となる価格が変わってくると思いますが、カーテンなどはオーダーメイドで発注すると数十万円もかかります。

生活の予備費

また、いざという時の備えとして、「毎月の生活費 x 6ヶ月分」は最低でも用意しておきたいところです。

貯めておきたい貯蓄額はいくら?

まとめると、3000万円のマンションを購入する場合、

・住宅購入の頭金(600万円)
・住宅購入の諸費用(90〜150万円)
・新居の準備費用(引っ越しやカーテン・家具などの備品の費用)
・毎月の生活費 x 6ヶ月分

の貯蓄が最初に必要となるということです。

では、次からは「諸費用」に絞って説明します。

「新居の準備費用」を80万円、「毎月の生活費」を25万円で計算すると

600 + 90〜150 + 80 + (25×6) = 920〜980

だいたい、1000万円弱は貯蓄しておきたいということですね。

夫婦共働きなら一人500万円弱です。

Pocket