子育てしやすい住環境とは?ファミリーに優しい街の条件

Pocket

小さな子供がいるファミリーに優しい街とはどんな街でしょうか?

今回は子育てしやすい住環境について考えてみたいと思います。ファミリーに優しい街とはどんな条件がそろっている街なのでしょうか?

徒歩圏内にスーパー、薬局、コンビニがある

徒歩圏内にスーパー、薬局、コンビニがあると非常にラクです。

スーパーが近ければ食材の買い物がラクですし、薬局(ドラッグストア)があればオムツや離乳食などを安くまとめ買いできます。

駅から自宅までの道のりにコンビニがあるというのも外せない条件ですね。

大型ショッピングモールが近くにある

子供がまだいない人には意外かもしれませんが、大型ショッピングモールはファミリーには重宝する場所となります。

というのも、夏の暑い日にはクーラーが効いたショッピングモールはまさに天国です。

また、雨の日や寒い日にもショッピングモールは快適な場所になります。

平日はママ友とランチしたり、休日は子供向けのイベントがあったりと大型ショッピングモールは何かと楽しめる場所なのです。

ファミリー向けに開発された新しい街

街の再開発は初めて家を買う子育て家族向けに企画されていることが多い傾向があります。

ファミリー向けに再開発された新しい街だと、歩道が広くてベビーカーが押しやすかったり、駅周辺に公園や子育て施設が集まっていたりして便利です。

ニュータウンは街全体が子育てに配慮された町づくりになっているので、買い物や外食するお店も子供に優しいお店が多くなっています。

ママ友ができやすいという特徴もあります。

ただし、子供が多すぎて、幼稚園や保育園に入る競争が激しいという一面もあります。

パパがの通勤がラクな街

「子育て=郊外の街」と思いがちかもしれませんが、あえて会社の近くの都心に住むことによって、パパの通勤がラクになり、その結果、夫が育児に積極的にかかわれる環境となります。

家が職場まで近ければ、その分、朝はゆっくりできるので、父親が子供の世話をしたり、保育園や幼稚園に送ったりできます。

妻の実家の近く

子供が生まれると実家のヘルプが不可欠なことに気づきます。

ですから、妻の実家の近くに住むということは、非常に現実的な選択肢の1つなのです。

子供が病気になった時などには、実家の親の助けを心から感謝することでしょう。

車で2時間となると実家の親も気軽に来ることができませんので、1時間以内の場所に住みたいところです。

ただし、こればかりは、夫の通勤との兼ね合いになるので、難しいところでもあります。

最寄り駅がバリアフリー

赤ちゃんが生まれ、ベビーカーを使うようになって初めて気づくことは最寄り駅のバリアフリーの重要性です。

最寄り駅にエレベーターもエスカレーターもなければ、ベビーカーを担がなくてなりません。

また、段差が多かったり、狭い場所が多い駅周辺もベビーカーには向きません。

同世代が多い同時入居の新築マンション

ファミリー向けの中規模以上の新築物件なら、子供がいる家庭が多く一斉入居なので、イベントや共用施設で親も子も友達になりやすいです。

クラスメートが同じマンション内にいると、いろいろと情報交換できて便利です。

ママ友、パパ友ができれば、家族ぐるみのお付き合いとなり、情報面でも精神面でもお互いに支え合うことができます。

Pocket