住宅ローンが支払えなくなっても今の部屋に住み続けるには「民事再生手続き」と「任意整理」

Pocket

リーマンショック以降、意外と多いのが「住宅ローンが払えない・・・」という悩みです。

勤務先の給料が大幅に下がってしまったり、リストラされてしまったり、会社が倒産してしまったり、病気で働けなくなってしまったりなどなど、収入を予定通りに得ることができなくなっている人は少なくないようです。

そのせいか、テレビ番組やニュースでも「住宅ローンの借り換えで支払額が減るケースがある」と言ってる番組が増えているように感じます。

では、実際に住宅ローンが払えなくなったら、一体どうなってしまうのでしょうか?

そのまま今の部屋に住み続ける方法はあるのでしょうか?

まず、1〜2ヶ月住宅ローンの支払いが滞ったとしても、すぐに部屋を追い出されるということは通常はありません。

ただし、住宅ローンを支払えない状態が3〜6ヶ月ほど続くと、残ったローンの一括返済を求められます。

ただでさえ、月々の返済ができない人に住宅ローンの一括返済ができるはずがないので、たいていの場合はローン保証会社が本人に変わって一括返済することになります。

ローン保証会社はまずあなたの住宅を市場で売り、お金に変えます。つまり、あなたは自分の自宅を失うこととなります。

しかし、購入時より物件価格は下がっている場合が多いですし、さらに利息分も加わるので、物件を売っても足りない場合がほとんどです。

その結果、残りの住宅ローンは一般債権として返済していくことになります。

そのまま今の部屋に住み続けるには?

住宅ローンが払えなくなっても、そのまま今の家に住み続ける方法は2つあります。

その方法とは「民事再生手続き」と「任意整理」です。

ただし、この2つの方法をとると、しばらくの間クレジットカードが使えなくなったり、新しいローンが組めなくなったりします。

2つの方法の特徴は以下の通りです。

◎個人民事再生手続

・借金を返せなくなった人を立ち直らせるための法的措置。

・「小規模個人再生手続き(企業経営者向け)」と「給与所得者等再生手続き(サラリーマン向け)」の2種類ある。

・ローンの組み方を払いやすいように変更できる。

・ローンの支払期間を延ばすことも可能。

法令データ提供システム:民事再生法

◎任意整理

・弁護士が債権者と直接交渉して、返済計画を実行可能なものに見直してもらう。

・交渉の結果、債権者が住宅ローンの支払期間の延長や月々の支払金額の減額に同意してくれれば、そのまま住み続けることができる。

・裁判所を通さないため、その分、費用を安くできる。

・債権者の同意を得られるかどうかは債務の金額や弁護士の腕次第。

自己破産は自宅を失う

借金を帳消しにするというと、まず「自己破産」を思い浮かべる人が多いようですが、自己破産をすると原則として自宅を失うことは免れません。

また、個人民事再生手続や任意整理と同様に、しばらくの間クレジットカードが使えなくなったり、新しいローンが組めなくなったりします。

Pocket