人が集まる資産価値が高い街の見分け方

Pocket

不動産の資産価値を左右する一番の条件は「立地=街」とよく言います。

では、どんな街が資産価値が高いのでしょうか?

基本的には「人が集まる街=資産価値の高い街」となります。

居住性が高く、多くの人が暮らしやすそうと感じる街は、これから先も人が集まって街が活性化し、将来的な資産価値が上がる可能性があるからです。

今回は「人が集まる資産価値が高い街の見分け方」を解説します!

仕事

都心に近く通勤しやすいかどうかが重要なポイントです。

急行電車の停車駅で都心へのアクセスの良い街は資産価値が高いと言えます。

横浜などの地域のビジネス拠点に近い街も資産価値の高い街と言えます。

住まい

住み心地が良い住宅地としての環境が整っているかどうかが重要なポイントです。

計画的に開発された住宅地で、日常生活に必要な買い物ができるお店や公共施設がそろっているかをチェックしましょう。

娯楽

ショッピングモールやシネコン、図書館、スポーツセンター、公園など、暮らしに楽しみを与える場所があるかどうかが重要なポイントです。

医療

内科、外科、小児科、歯科などの病院やクリニックが揃っているかどうかが重要なポイントです。

高度な医療ができる総合病院があれば、いざというときも安心です。

学び

有名大学や進学率の高い中学・高校などの教育環境が整っているかどうかが重要なポイントです。

小さなお子さんのための塾や習い事教室の充実度も大切です。

行列のできる店、素材にこだわる店など他エリアからも人がやってくる飲食店が多くあるかどうかは、その街の文化水準を示す指標となります。

Pocket