定額リノベーション(改装)と女子部屋でお部屋の価値も家賃もアップ

Pocket

昨日のワールドビジネスサテライトで賃貸物件に新しい傾向が紹介されていました。

キーワードは「定額リノベーション」と「女子部屋」です。

定額リノベーション(改装)

1つ目は、ワンルームなど単身者向け賃貸物件のリノベーション(改装)を専門に扱う業者「リノベワン」。

「リノベワン」では「20代中盤〜30代中盤の働く女性」「18〜22歳のイマドキ女子大生」「20代のイケてるビジネスマン」「都市型生活を多忙に生きる20〜30代男女」「カフェ好き&おしゃれ好きな20代中盤〜後半男女」というテーマで5つのデザインの部屋から選んでリノベーション(改装)できます。

さらに、改装費用が20㎡までなら55万円、30㎡なら65万円と定額制なのが特徴です。

通常、改装費は部屋によっては数百万円かかるなど、大家にとっては予想しにくいコストですが、「リノベワン」なら定額制なので明朗会計です。

床や壁、照明器具などのデザインをパッケージ化することで、仕入れのコストを抑えています。

リノベーション(改装)完成後、募集開始から平均で24日間で成約するデータがあり、家賃も相場の賃料より平均9%ほどアップを実現できているというから、大家にとってもメリットが大きい状況となっています。

利用者からしてみても、友達に自慢できるようなオシャレな部屋や可愛い部屋に住むことができます。

女子部屋

2つ目は、女性をターゲットにしてお部屋をカスタマイズする「女子部屋つくる.com」。

入居時に分譲物件のように部屋の内装を自分好みに変更できるのが特徴です。

入居者はこのカスタマイズプランを導入すると、敷金が0円の代わりに改装費として家賃の約2ヶ月分を支払います。

敷金というと何に使われているのかが不透明という不安がありましたが、このプランだと「自分好みの部屋に改装する」という目的のためにお金が使われていることが明確なので安心です。

自分好みの部屋をつくることで、その部屋を長く使ってもらうことも目的としてあるそうです。

参考:
テレビ東京:ワールドビジネスサテライト

リノベワン

女子部屋つくる.com

Pocket